大河ドラマ2012 キャスト

2012年12月10日

大河ドラマ 平清盛 あらすじ 第49回

大河ドラマ 平清盛 あらすじ 第49回!!
タイトル「双六が終わるとき」

1181年、平家は憂うつな年明けを迎える。
反平家の風潮が、国中にいきわたる中、
清盛(松山ケンイチ)の頼みの綱だった高倉上皇(千葉雄大)が
わずか21歳で世を去ってしまう。

朝廷でのよりどころを失った清盛の前に、再び後白河法皇(松田翔太)が現れ、
力を失いつつある清盛を挑発する。

一方、鎌倉の頼朝(岡田将生)のもとには、梶原景時(浜田学)をはじめ、
続々と武士たちが集まる。
頼朝は彼らを御家人と呼び、新たな「武士の世」の政治体制を作り始めていた。

頼朝の国づくりを西行(藤木直人)から伝え聞いた清盛は、
亡き義朝と誓い合った武士の世を、頼朝もまた引き継ごうとしていることを知り、闘志を燃やす。

後白河法皇と対面した清盛は、これより先は、朝廷に力はなく、
武士同士が覇権を争う世になると語り、双六勝負はこれで最後だと告げる。

そして、源氏討伐の準備を整える中、清盛は突然の熱病で意識を失う。

★神戸の「温泉」観光スポット:楽天トラベル★
posted by 大河ドラマ平清盛 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ 平清盛 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。